建設業界の人手不足の現状

建設業界では人手不足が深刻な問題になっています。型枠工や左官、とび工や現場監督など、あらゆる人材が足りない状況です。建築士による図面作成から施工に関わる業者まで、建設業界の人手不足の現状について、ご紹介いたします。

景気の影響を受けやすい

景気の影響を受けやすい

日本の建設業界は2008年に起こったリーマンショック以降、公共工事や民間工事が激減しました。建設業界は景気の影響を受けやすいので、労働者の給与や時給なども下落しました。

大手ゼネコンでも技術者や技能労働者の離職が相次ぎ、就業者は15年間でおよそ180万人も減ったと言われています。

そのため、技術力や経営力が求められる中堅層が育たず、自治体などの公共事業の入札で建設会社が決まらないという「入札不調」も増えていると言われています。

労働力人口とイメージ

労働力人口とイメージ

少子高齢化による労働力人口の低下も、建設業界の人手不足に影響していると思われます。どの業界でも若い人が集まらない現状なので、外国人労働者の採用も行われているようです。

建設業に対する「危険・汚い・きつい」というイメージから、建設業からの若者離れを加速させています。

国家規模のイベント

建設業界では国家規模のイベントが話題になっています。東日本大震災の復興事業、東京五輪に向けた都市整備、リニア中央新幹線の建設など、国土強靭化計画による公共工事は今後も増えると予想されています。

パートナー募集

Rebro(3D CAD)使用できる方!

1人でも多く集め、大きな仕事を手掛けられる様にしたいと考えています。是非ご連絡をお願いします。

当社は建築設備やユーティリティ配管など、図面作成サービスを提供しています。図面作成は建築における快適性・安全性・機能性・デザイン性の実現に欠かせないものです。好景気の建設バブルをビジネスチャンスと変えるためにも、図面作成は是非当社にお任せ下さい。

詳細はお見積りでご説明いたしますが、BIM対応の3DCADの図面作成、給排水衛生設備、空調暖房設備、消火栓設備の施工図面作成なども可能です。現場目線に立った図面作成を心がけ、施工図面の修正やアフターフォローも行います。図面作成に関する費用やお見積りのお問い合わせは、お気軽にご相談下さい。

PAGE TOP