給湯器修理が必要なサイン

給湯器修理が必要なサイン

私たちの生活に欠かせないとても便利な給湯器の使用寿命は、約10~15年と言われています。もし現在使用している給湯器に何らしかの不具合があるようでしたら、もしかするとそれは修理のサインかもしれません。

給湯器がないと生活に様々な影響を及ぼしますので、給湯器修理をすることが大切です。

温度が一定にならない

通常、給湯器は温度が設定されているので、設定温度でお湯が沸くようになっています。しかし、故障などの影響でお湯の温度が一定にならないことがあります。少しの温度変化には気づきにくいかもしれませんが、本格的に故障する前に変化に気づくことが大切です。

毎日入るお風呂で、少しでもいつもの温度と違うと感じた場合は、念のためメンテナンスを行ったほうがいいでしょう。

お湯にならない

お湯にならない

水がお湯にならない場合は、まず「ガスメーターが遮断されていないか」「ガス栓が閉まっていないか」を確認してみましょう。

また、プロパンガスを使用しているご家庭の場合ですと、単にガス切れの可能性もあります。これらを確認してもお湯にならない場合は、給湯器の異常が考えられますので、修理や給湯器交換をおすすめいたします。

異音が聞こえる

給湯器から発生する音には様々なタイプがあります。例えば「ピー」という笛のような音が聞こえているなら「空気とガスのバランスが悪い」「ファンモータが不具合を起こしている」可能性が高いのです。

また「キーン」という共鳴音が聞こえる場合は、ウォーターハンマー現象を起こしている可能性があります。ウォーターハンマー現象とは、配管の中で圧力が上昇している状態のことを言い、そのままにしておくと配管が破裂する危険性があります。いずれにしても、給湯器修理の依頼したほうがいいでしょう。

場合によっては専門業者に給湯器工事の依頼が必要になることがあります。

新潟県上越市で給湯器修理のご依頼がございましたら、是非当社にお任せ下さい。当社では、給湯設備工事・衛生設備工事・空調設備工事などの施工が可能です。上越市にお住まいの方はもちろん、その他エリアからの多くのご依頼をお待ちしています。

PAGE TOP