CADの基礎知識

CADの基礎知識

CADは現在多くの業界で使用されており、今後も需要が増えていくと予想されています。しかし、中にはCADについてあまりご存知でない方もいらっしゃるでしょう。

これからCADを活用したいとお考えであれば、CADについてある程度知っておくことが大切です。

CADとは

CADとは

コンピューター支援設計「Computer Aided Design」の略で、コンピューターやソフトウェアを使用して各種機械や建築物など、様々な製品の設計および製図を行うシステムのことです。

以前は手描きで設計や製図を行っていましたが、現在ではそれをパソコンで行うことが出来ます。しかもパソコンの特徴を活かして図面を描くことが出来るため、とても作業が楽になるのです。

1960年代にアイバン・サザランド博士が開発した「Sketchpad」をベースに、2次元製図が可能の「CADAM」が作られ、その後自動車や航空機メーカーなどの設計者、製作者に重宝されるようになり、さらなる発展を遂げてきました。

現在では3Dの製図面も制作出来るようになり、自動車や船舶などの大型の機械をはじめ、工作機械、電器製品、建築物、工業製品、服飾、デザイン関係の業界など様々な分野で広く利用されています。

CADの特徴

誰でも正確な図面が描ける

手描きでは、線を描くにも技術が必要になってきます。人によって微妙に長さに差が出てしまう可能性もありますし、線の太さや筆圧の強弱、手の震えなどによって違いが生じてしまうこともあるのです。しかし、CADでは線分というコマンドの種類と印刷の設定方法さえ知っていれば、経験値や手先の器用さなど関係なく誰でも簡単に均一の太さの線を引くことが出来ます。

簡単に変更出来る

手描きの場合、変更や修正を行うのはとても大変なものです。寸法が少し変わっただけでも全体に影響する場合があるため、時には一部の寸法の修正で“全ての図面を書き直す”ということもあるでしょう。

CADの場合は、こういった変更・修正の点でも優れています。大幅な変更があっても画面上の操作で手早く、綺麗に修正することが可能なので修正時の負担が減るのです。また、消しカスなども出ないため作業場を綺麗に保つことも出来ます。

原本をデータで保存することが出来る

CADで作成した原本は、データで保存をします。そのため、図面の保管場所を確保する必要はありませんし、セキュリティも安心です。また、データを共有することが出来るため、業務全体の効率が格段にアップするというメリットも期待出来ます。

空調暖房設備や給排水設備、ユーティリティ配管などの図面作成の業者をお探しの方は、当社をご利用下さい。当社では、約20年の工事管理の経験に基づく、現場目線に立った図面作成を行っています。社内で図面を修正したい場合には、無料でCADの操作方法をお教えいたしますので、社内に熟練のCADスタッフがいない場合でも安心です。

また、当社では図面作成の他にも、設備工事管理サービスや地下タンク定期点検業務なども行っています。費用やお見積りに関するご相談などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP