安全なガス給湯器の使い方

身近な設備工事の中でも給湯器は、特に安全性に配慮した使い方や点検、メンテナンス、修理が求められます。上越市近隣で、給湯器をはじめとするご家庭や商業施設などの空調設備工事・衛生設備工事に関するご相談でしたら、当社にお任せ下さい。

日常的に出来る点検や使い方

日常的に出来る点検や使い方

ガス給湯器を安全に使用していただくため、日常的に出来ることもあります。

例えば、突然熱湯・冷水が出ることで負う火傷やヒートショックを防ぐために、お湯の温度をしっかり確認する、温度設定を火傷しない程度の温度に設定しておくなどで、ご利用になる方の安全保持につながります。

また、給湯設備工事などの際にも行う排気筒が外れていないか、鳥の巣などで塞がれていないか、金属の腐食、といった項目は日常的な目視でも確認出来る点検項目です。

特に冬は注意が必要

機器と元栓の間をつなぐ配管の素材がプラスチックの場合、設置環境や使用年数に影響する場合もあります。特に上越市・糸魚川市・妙高市といった上越地域やその近隣都道府県は、積雪2mも珍しくない豪雪地帯です。心配な方は給湯器修理の際、配管に保温材を巻くなどの凍結防止策もあわせて行うことをおすすめします。

さらに、冬期に給湯器修理・給湯器交換といった給湯器工事を行う際は、十分な時間を置いてから試運転をするとより安心です。設置・修理の際に使用する検査水が給湯器内に残っている場合があり、直後は正常に作動しないこともあるからです。

改めて危険性を知っておく

改めて危険性を知っておく

ガス給湯器の故障や劣化が原因で起こる可能性がある事故には、火災や一酸化炭素中毒が挙げられます。

また、屋外に取り付けるタイプの場合、排気口近くに燃えやすいものが積み上げてられている、スプレー缶の使用で引火してしまい重大な事故に至ったケースも報告されています。

改めてガス給湯器の危険性を認識し、ちょっとした違和感でも給湯器修理・メンテナンスは早めに済ませておくようにしましょう。

PAGE TOP