知っておきたい建築図面の種類について

建築設備の図面と一口に言っても、その種類は様々です。数多く存在する建築設備の図面ですが、主に意匠図・構造図・設備図の3種類に大別することが出来ます。ここでは、主な建築図面の種類と見方についてご紹介いたします。

建築図面の作成をお考えの企業様は、業者に依頼する際の参考として是非お役立て下さい。

デザインを伝えることを重視した意匠図

デザインを伝えることを重視した意匠図

意匠図とは、建物全体の形や間取りなど、どのようなデザインにするのかという情報を表示した図面のことです。

例えば、工事の大部分の情報が記された平面図、敷地の形状や建物の配置などを記した配置図などが意匠図に該当します。その他にも、立面図、展開図、断面図など、様々な種類の図面があります。

これらは建物のデザインがどのようなものなのかを把握するものであり、全ての図面のベースとなるものと言えます。

建物を建てる上での情報を記した構造図

構造図とは、建物の構造がどうなっているのかという情報を記した図面のことです。構造図は、建物の構造を描くため、専門的な記号や符号が多く見られます。例えば、柱芯とは柱の中心、「C」という符号は柱のことを意味します。

もし、1Cという符号が記載されていれば1階にある柱、2Cとあれば2階にある柱という意味になります。構造図には、特記仕様書、標準図、軸組図、伏図、部材リスト図などがあります。これらを参照すれば、柱や梁などの配置、使われる部材などの情報を確認することが出来ます。

給排水・空調などの設備に関する設備図

給排水・空調などの設備に関する設備図

設備図とは、建物の空調設備や電気、給排水設備などの図面のことを言います。例えば、電気であれば電気系統や配線、照明の位置などの情報が表示されています。

これを見ればどのような設備がどこにあるのかということを確認することが出来ます。建物内にどのような設備があるのか知っておくことはとても重要です。

高品質な建築を実現するためには、用途に応じた図面を作成する必要があります。しかし、人手不足などの事情により、図面作成を任せられる人材が社内にいない状況もあります。

そんな時は、建築設備施工図作成.comにご用命下さい。給排水・配管・空調換気などの建築設備の図面作成依頼を随時承っております。効率的な工事が出来るよう、現場の目線に立った図面作成を心がけていますので、ご要望がございましたら何なりとお申しつけ下さい。サービス内容や料金に関するご質問はお気軽にどうぞ。

建築設備の図面作成依頼は建築設備施工図作成.comへ

会社名

ビィ・エフ・クリエイト合同会社

(be f create LLC)

住所 〒943-0824 新潟県上越市北城町1丁目3−31
TEL 025-522-5547
FAX 025-522-5557
E-Mail zumen@bfsetubi.com
URL http://wp0000509.webstarterz.com/
代表社員 飯塚 正彦
従業員数 5名(企業全体 32名)パート含む H30年8月現在
取引金融機関 第四銀行高田営業部、八十二銀行高田支店、新井信用金庫本店
主な取引先

三浦工業株式会社 様

中央電気工業株式会社 様

中電産業株式会社 様

日新設備工業株式会社 様

他 ※順不同で掲載させていただいております。

主な事業内容

1.住環境部門

  • 給排水衛生設備施工図面 作成(3D CAD)
  • 空調暖房設備(配管・ダクト)施工図面 作成 (3D CAD)
  • 消防申請図面 作成
  • 設備工事全般請負

2.介護事業部門

  • デイサービス・小規模多機能型居宅介護事業所 樹楽(きらく)上増田
  • 居宅介護支援事業所 ケアプランセンター樹楽

3.MWJ部門(埼玉事務所)

  • イベント事業
PAGE TOP