図面作成で重要な「建築設備工事設計図書作成基準」とは何か

建築設備図面などの作成の際に、重要なのが「建築設備工事設計図書作成基準」というものです。この「建築設備工事設計図書作成基準」とはいったいどのようなものなのでしょうか?どこが決めているものなのでしょうか?

「建築設備工事設計図書作成基準」とは何かについて解説します。

図面作成で重要な「建築設備工事設計図書作成基準」について

図面作成で重要な「建築設備工事設計図書作成基準」について

建築設備図面を作成する際に、重要なのが「建築設備工事設計図書作成基準」です。この「建築設備工事設計図書作成基準」とはいったいどのようなものなのでしょうか?

まず、この「建築設備工事設計図書作成基準」の目的についてですが、これは「建築設備工事設計図書作成基準」に、建築設備工事の図面等の作成の際に、基本的な事項について定め、書式や表示を統一することで業務の効率化を図る目的で作成されていると書かれています。

また、この基準については、営繕工事における建築設備工事などの図面の作成に適用すると書かれています。国土交通省が発表しているもので、インターネットから検索するとすぐに見つけることが出来るでしょう。内容については、基本事項、基本製図、設備製図、共通図面、電気設備図面、機械設備図面、改修工事における図面等作成、設計変更における図面等の作成などの内容が記載されています。

国土交通省が出している基準となりますので、この基準に従って建築設備図面を作成するということが重要になります。この基準に従わずに、各業者がそれぞれの図面を作成してしまうと、管理が大変なので、基準に従って図面を作成することで業務を効率化することが出来るのです。表記がバラバラだと施工を行う職人さんも混乱してしまいます。

建築関係の仕事に就いているという人は、必ず目を通しておくようにするとよいでしょう。本としても発売されているので、そちらを購入して手元において置くというのもよいでしょう。

建築設備図面を作成する際に、重要なのが「建築設備工事設計図書作成基準」です。これは、国土交通省が出している図面作成の基準で、建築設備工事の図面等の作成の際に、基本的な事項について定め、書式や表示を統一することで業務の効率化を図る目的で作成されていると書かれています。覚えておくとよいでしょう。

建築設備の図面作成依頼・外注をご希望の企業様は、建築設備施工図作成.comにご相談下さい。建築設備の図面作成サービスを提供しております。細かな対応やフットワークの軽さを強みとしており、給排水衛生設備や消火栓設備の施工図作成など、様々な図面の種類に対応可能です。

「急ぎで図面を作成してほしい」など、ご要望・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

建築設備の図面作成依頼は建築設備施工図作成.comへ

会社名

ビィ・エフ・クリエイト合同会社

(be f create LLC)

住所 〒943-0824 新潟県上越市北城町1丁目3−31
TEL 025-522-5547
FAX 025-522-5557
E-Mail zumen@bfsetubi.com
URL https://bfsetubi.com/
代表社員 飯塚 正彦
従業員数 7名(企業全体 37名)パート含む H31年8月現在
取引金融機関 第四銀行高田営業部、八十二銀行高田支店、新井信用金庫本店
主な取引先

三浦工業株式会社 様

新日本電工株式会社 様

中電産業株式会社 様

日新設備工業株式会社 様

他 ※順不同で掲載させていただいております。

主な事業内容

1.住環境部門

  • 給排水衛生設備施工図面 作成(3D CAD)
  • 空調暖房設備(配管・ダクト)施工図面 作成 (3D CAD)
  • 消防申請図面 作成
  • 設備工事全般請負

2.介護事業部門

  • デイサービス・小規模多機能型居宅介護事業所 樹楽(きらく)上増田
  • 居宅介護支援事業所 ケアプランセンター樹楽

3.MWJ部門(埼玉事務所)

  • イベント事業
PAGE TOP