BIMを使用するメリット

設備施工図を作成する際に、BIMを使用するメリットとは一体どのようなものなのでしょうか?また、BIMを使った設備施工図を作成する場合や、外注する際に知っておきたいBIM用語にはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらでは、BIMを使用するメリットや知っておきたいBIM用語についてご紹介いたします。

BIMを使用するメリット

BIMを使用するメリット

給排水衛生設備や空調換気・消火設備などの設備施工図を作成する際に、BIMという設計手法を用いることでいくつかのメリットがあります。例えばBIMの場合、属性情報を持っているため、平面図や配置図、立面図などを取り出すことが出来ます。

また、BIMを使用して作成した設備施工図は常に連動しているため、修正した場合でも、図面同士の整合性を確認するという手間をカットすることが可能です。整合性の取れていない設備施工図を作成してしまうと、修正するだけで時間がかかるのはもちろん、そのまま施工に入ってしまい後々重大な設計ミスにつながる可能性もあります。

その点、BIMを使用して作成した設備施工図は安心ですし、建物全体を把握するのが容易になりますので、工程管理などもとても楽です。また、コンピューター上に同じ建物を再現することが出来るため、クライアントに設計内容を説明する際にもとても役立ちます。完成のイメージが掴みやすいため、打ち合わせなどの際に、設計者と施行者同士のコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

知っておきたいBIM用語

知っておきたいBIM用語

BIMの設備施工図を外注する際には、以下の用語を覚えておくと良いでしょう。

  • 火災シミュレーション

    火災がどのように広がるのかをシミュレーションするもの。一般的に避難経路の配置を検討する際に行われます。

  • 換気シミュレーション

    換気がどのようになるのかをシミュレーションするもの。住空間を重視した建築物を建てる際に利用されることが多いです。

  • 風環境シミュレーション

    ビル風、その他市街地の風環境をシミュレーションするもの。主に、環境アセスメントなどのシーンで活用されます。

BIMに対応する3DCADの図面の作成をご検討されている企業様は、建築設備施工図作成.comをご利用下さい。約20年間の工事管理の経験を基に、現場の目線に立った施工図面の作成及びアフターフォローで、中小零細の企業様の業務をサポートいたします。

実際の工事を想定し、工事がスムーズに行えるような図面の作成を心がけておりますので、ご要望がございましたら、遠慮なくお申しつけください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

設備施工図の作成を依頼するなら建築設備施工図作成.comへ

会社名

ビィ・エフ・クリエイト合同会社

(be f create LLC)

住所 〒943-0824 新潟県上越市北城町1丁目3−31
TEL 025-522-5547
FAX 025-522-5557
E-Mail zumen@bfsetubi.com
URL https://bfsetubi.com/
代表社員 飯塚 正彦
従業員数 7名(企業全体 37名)パート含む H31年8月現在
取引金融機関 第四銀行高田営業部、八十二銀行高田支店、新井信用金庫本店
主な取引先

三浦工業株式会社 様

新日本電工株式会社 様

中電産業株式会社 様

日新設備工業株式会社 様

他 ※順不同で掲載させていただいております。

主な事業内容

1.住環境部門

  • 給排水衛生設備施工図面 作成(3D CAD)
  • 空調暖房設備(配管・ダクト)施工図面 作成 (3D CAD)
  • 消防申請図面 作成
  • 設備工事全般請負

2.介護事業部門

  • デイサービス・小規模多機能型居宅介護事業所 樹楽(きらく)上増田
  • 居宅介護支援事業所 ケアプランセンター樹楽

3.MWJ部門(埼玉事務所)

  • イベント事業
PAGE TOP